若い家族

今、産み分けしたい方に「産み分けゼリー」が話題になっています。

特に女の子を妊娠したい方から「ピンクゼリー」が注目されています。

妊娠はもちろん嬉しいけど、

希望の性別の赤ちゃんを授かりたい
2人目、3人目は違う性別の子(女の子)を望んでいる

という方が増えているんですね。

ただ、この産み分けゼリーを使うにあたって、障害児リスクはないのか?といった危険性が気になるという方も実際に多いようです。

ゼリーが母親の体に残っても大丈夫?
生まれてくる子に障害が出たりしない?

といった心配の声が寄せられています。

そこで、女性や赤ちゃんへの副作用や障害を持って生まれる可能性から、男性パートナーへの影響はないかどうか?調べてみました。

産み分けゼリー(ピンクゼリー)を実際に使った方の口コミ

ピンクゼリーをはじめ、実際に産み分けゼリーを使った方の声をインターネット上で集めてみました。

  • こういう商品は半信半疑だったのですが、どうしても次は女の子が欲しいと夫とも相談してピンクゼリーを使ってみることに。そしたら無事女の子を妊娠することができました!

 

  • 今のところまだ期待した結果は得られてません。もうしばらく様子を見ながら使ってみようと思います。

 

  • 使って3ヶ月後に妊娠!でも病院で調べてもらったら希望の女の子ではなく男の子で。ちょっとガッカリしましたけど、生まれた赤ちゃんはやっぱりかわいいから結果良かったです♪

 

  • じっくり取り組もうと妻とも話してグリーンゼリーを複数回使ってみました。欲しかった男の子を無事授かることができました。

 

使った方の感想を調べると、

  • 産み分けに成功した、上手くいかなかった
  • 今は期待を込めて使っている

といった感想は見つかりましたが、

ピンクゼリなどのー産み分けゼリーを使って副作用があった、赤ちゃんに悪影響があったという声は見つかりませんでした。

国産産み分けゼリーの紹介と実際に使った方の口コミ>>>

※外部サイトに移動します。

 

でもたまたま見つからなかっただけじゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

では、成分や原料にリスクはないのか?次から見ていきたいと思います。

 

産み分けゼリー(ピンクゼリー)に使われている成分は大丈夫?もう少し調べてみました。

 

産み分けゼリーは直接女性の膣内に入れるものですから、ゼリーに使われている成分が安全なものかどうか?心配ですよね。

女性はもちろん、産まれてくる赤ちゃん・男性パートナーにとっても安心できるものなのか?このゼリーの成分について確認してみましょう。

インターネット上で公表されていましたいくつかの産み分けゼリーの成分をみてみると、

  • ポリアクリル酸Na
  • 水溶性コラーゲン
  • アロエベラ液汁
  • クエン酸
  • アルギニン

聞き慣れない成分がありますね。1つ1つ一緒に確認していきましょう。


ポリアクリル酸Na

ポリアクリル酸Naとはジェル状にするのに欠かせない成分です。

主に保湿を目的に配合されていて、私たちの身近でよく使われているものとして、化粧品があります。

体の中に取り込まれても取り込まれても安心・安全な成分です。
※参考サイト:https://ameblo.jp/rik01194/entry-11766883011.html

 

 


水溶性コラーゲン

こちらも化粧品によく配合されている原料ですね。

魚の皮や骨、うろこなどが原料になっていて、別名で海洋性コラーゲンともいわれることが多いです。

コラーゲンの中でも豚や牛を原料にした動物性コラーゲンよりも安全性が高いと言われ、多くの化粧品に配合されるようになりました。

※参考サイト:http://www.skincare-univ.com/article/010867/

 

 


アロエベラ液汁

アロエベラ液汁はアロエの一種、アロエベラを原料にしたもの。
アロエベラから抽出されるアロエベラ液汁は、アロエの中でも特に美肌効果が期待できるとされています。

産み分けゼリーでは皮膚や粘膜のコンディショニングを整える効果が期待できます。

因みに火傷したときに塗るアロエクリームも消炎・殺菌作用もあるので昔からよく使われてきました。

参考サイト:https://www.kobayashi.co.jp/corporate/news/2015/150818_01/index.html

 

 


クエン酸

クエン酸はレモンなど柑橘類に含まれる成分。膣内を酸性にするために含まれています。

女の子が欲しいという方向けの産み分けゼリーに入っています。

クエン酸というとすっぱいイメージがあるので、肌に触れると刺激になるのでは?と心配される方もいますが、産み分けゼリーのようなph(ペーハー、酸性・中性・アルカリ性の度合いを示す値)を安定させるために使われる場合、わずかしか配合されないので、敏感肌の方や粘膜など敏感な場所についても刺激の心配がないくらい安全です。

参考サイト:http://cosmetic-ingredients.org/stabilizing/%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%B3%E9%85%B8%E3%81%AE%E6%88%90%E5%88%86%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%81%A8%E6%AF%92%E6%80%A7/

 

 


アルギニン(ph値の調整)

アルギニンは男性の精力剤などによく入っている成分で、膣内をアルカリ性にするために含まれています。

こちらは男の子がほしいという方向けの産み分けゼリーに入っています。

水に含ませることでこんにゃくよりもアルカリ度が低くなるので、体に取り込まれても安心・安全です。

参考サイト:http://www.healthybest.jp/choice/argine/argi-citric/

 

 

といった成分で、身体に無害なことが明らかになっているものばかりです。
日本食品分析センターが行った皮膚への刺激性などについての試験でも、問題がないことが報告されています。

「リンカル」よりもさらに安全な産み分けゼリー

 

赤ちゃん産み分けのために服用するものとして「リンカル」という栄養補助食品のことを聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。

このリンカルも、人の「歯」と同じ鉄・リン・カルシウムが含まれるもので、基本的に体に影響はないとされています。

ですが、リンカルの場合、過剰摂取するとカルシウムの吸収が悪くなったり、腎臓機能障害などの病気になる可能性もあるといわれています。

その点、産み分けゼリーは直接飲んだりするわけではないですし、それに加えて体内に吸収される量も少ないという点で、より安全性が高いことが分かると思います。

 

安全性が高い国産産み分けゼリーベイビーサポートについて>>>
※外部サイトに移動します。

産み分けゼリーで副作用が出たり、障害を持った子が生まれたという報告は全くない。

 

これまでピンクゼリーを始めとした、産み分けゼリーを使うことによる副作用やリスクの可能性についてお伝えしてきました。

口コミや産み分けゼリー販売会社のサイトなどを見ても女性・男性の体に副作用が出た、障害をもった赤ちゃんが生まれた、というものは見つかりませんでした。実際に産み分けゼリーは発売以来、お母さんや赤ちゃん、男性への副作用は報告されていないそうです。

成分や原料も自然由来のものだったり安全性が高いものばかりで、副作用のリスクがあるようなものが入っているわけではありません。

それどころか仮に口に入れてしまったとしても害がないとまで言われています。

長年販売されていて、現在に至るまで副作用の報告が1件もないということから、産み分けゼリーの高い安全性がおわかり頂けると思います。

どんな産み分けゼリーを選べばいいの?

 

では、実際にどんな産み分けゼリーを選べば良いのでしょうか?

これまでお伝えしたように産み分けゼリーは安全性が高いものですが、より安心できるものをを選ぶなら、国産を選びましょう。

今、産み分けゼリーは病院で処方されたり、通販で購入できるものなど種類が増えています。

中には、外国製(中国製など)でどんな成分が含まれているか公表されていなかったりするものもあります。

いくらインターネットで副作用の情報が1件もでていないといっても、不安になってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、保険適用外であることから金額が高いのも難点ですよね。

ですが、国産の産み分けゼリーは使われている成分が明記されていて安全面が保証されているうえ、中には使わなかった分は返金してくれたりと、安心・安全なうえに、お得なサービスまでついているんです。

次から詳しくご紹介していきますので、産み分けを考えていて、これから産み分けゼリーを使ってみようと考えていらっしゃるご夫婦の方はぜひご参考にしていただきたいと思います。

 

産み分けゼリーを選ぶなら国産を。おすすめ産み分けゼリー3選

ベイビーサポート

ベイビーサポートの特徴

  1.  全てが日本製の産み分けゼリー
  2.  医療製品基準の衛生管理
  3.  返金制度もあり
価格 13,800円
評価
備考 価格は税別 返金保証制度あり

 

ベイビーサポートの総評

全てが日本製の産み分けゼリー
ベイビーサポートは、ゼリーから箱まで全て日本で作られた産み分けゼリーです。
製造を日本で行っているだけではなく、研究・開発・品質テストの全てを日本の厳しい基準の中で行っている製品です。
そのため、『産み分けゼリーは安全性に不安があってちょっと…』という方でも安心して使うことができる産み分けゼリーなんです。

医療製品基準の衛生管理
ベイビーサポートが特に力を入れているのが、衛生・品質管理です。
手術室での基準値になるほどの10000クラス以下のクリーンルームにて生産しているということから、徹底した衛生・品質管理のもとで作られているということがわかります。
より安心・安全なものを選びたいという方には、これは嬉しいポイントですね。

返金制度もあり
望んでいた赤ちゃんを授かることができたときに嬉しい返金制度も、ベイビーサポートにはあります。
エコー写真の送付や未開封であることなどの条件をクリアすれば、残っているベイビーサポートを1本につき1000円で買い取ってもらえます。
残ってしまっても無駄にならないというのは嬉しいですね。

 

ハローベビーゼリー

 

ハローベビーゼリーの特徴

  1.  国産・天然成分使用のゼリー
  2.  3つの安全試験テストをおこなっている
  3.  使い切りタイプなので衛生面も安心
価格 10,000円
評価
備考 価格は税別

 

ハローベビーゼリーの総評

国産・天然成分使用のゼリー
ハローベビーゼリーは、国内で天然成分を使用して作られている産み分けゼリーです。
産み分けゼリーには珍しく、使いたいと考えている方に少しでも安心してもらうために、配合されている全成分表記しています。
また、産み分けゼリーに含まれていることがある『メチルパラベン』は、胎児に影響を与える可能性があるとして使用されていません。

3つの安全試験テストをおこなっている
ハローベビーゼリーは、3種類の安全試験テストをおこない生産されています。
お肌が弱い方でも使えるかどうかの『皮膚刺激性試験』、万が一目に入ったとしても問題はないかどうかの『眼刺激性試験』、飲んでしまった時に重大な事態にならないかどうかの『急性傾向毒性試験』の3種類の試験をクリアして作られているので、安全性を重視したいという方でも安心して使うことができるゼリーです。

使い切りタイプなので衛生面も安心
ハローベビーゼリーは、使い切りタイプのゼリーです。そのため、雑菌が入る心配などもなく衛生面でも安心して使えるゼリーだと言えます。
タンポンのような形状で注入して使用するので、女性の体への負担も少なく使用することができますよ。

 

ピンクゼリー・グリーンゼリー

ピンクゼリー・グリーンゼリーの特徴

  1.  膣内の環境を整えるゼリー
  2.  使用期限は2年以内
  3.  安全性の高い日本製
価格 10,800円
評価
備考 価格は税込み

 

ピンクゼリー・グリーンゼリーの総評

膣内の環境を整えるゼリー
このゼリーは、望む赤ちゃんの性別によって『ピンクゼリーが女の子』『グリーンゼリーが男の子』を使うという産み分けゼリーです。
ピンクゼリーは膣内を酸性よりにし、グリーンゼリーは膣内を確実にアルカリ性に保つことによって、成功率を高めてくれるゼリーです。
ピンクゼリーを使用した際には少ししみることがありますが、使用している方やお子さんには影響がないのでご安心ください。

使用期限は2年以内
このゼリーは、購入後2年以内に使用することが推奨されています。
この使用期限は、産み分けゼリーの中でもかなり長い方だといってよいでしょう。
『今すぐに使う予定はない』という方や、『希望が叶ったので次の子どものために使いたい』という方でも、そのタイミングで使うことができるというのは嬉しいですね。

安全性の高い日本製
このゼリーは、安全性の高い日本製の産み分けゼリーです。
体に悪影響のある成分は一切配合されていないので、万が一口に入れてしまったとしても問題はありません。
体の中でも特にデリケートな部分に使用するものですから、安全性を重視したいという方にも嬉しいゼリーだと言えますね。

 

産み分けゼリーを使うなら知っておきたい、効果的な使い方や成功率、安心の販売店について

ここからは産み分けゼリーを使う上で知っておきたいことをまとめましたのでご紹介します。

より効果的な使うタイミングとは

赤ちゃんの性別を産み分けられるという産み分けゼリー。

この産み分けゼリーを使うタイミングはいつがよいのでしょうか。

より効果が得られやすいタイミングをお調べしてまいりましたのでご覧ください。

排卵日の2日前から排卵日当日

産み分けゼリーを使用する際におすすめなのが、『排卵日の2日前』から『排卵日当日』です。

産み分けゼリーの効果を得るためには、赤ちゃんが授かれるタイミングで使用する必要があります。

女性が妊娠しやすい時期がこの『排卵日の2日前』から『排卵日当日』であることから、このタイミングでの使用がおすすめなんです。

生理周期から排卵日を予測することもできるのですが、より高い効果を得るためには排卵日を自分自身でしっかりと把握するようにしましょう。

排卵日は、基礎体温の測定や排卵検査薬の使用などで簡単に把握することができますよ。

使用する際には5分ほどの時間をあける

産み分けゼリーを使用する際には、使用してから性交までの間を5分ほどあけるのがおすすめです。

産み分けゼリーは、ゼリーによって膣内の環境を整えてその効果を得るというものが大半であるため、浸透して環境を整えるという時間が必要なんです。

そのため、5分ほど時間をあけるのがおすすめなんですね。

ゼリーによってあける時間に差があるため、使用する産み分けゼリーの説明書にしたがって推奨されている時間をあけるようにしましょうね。

 

おすすめ関連ページ
産み分けゼリーの使い方>>>

使う前に読んでおきたい!産み分けゼリーの成功率

男の子か女の子か、希望の性別の赤ちゃんを授かることができるという産み分けゼリー。

このゼリーを使って希望の性別の赤ちゃんが産まれたという方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。

気になる成功率についてお調べしました。

男女で違いがある

産み分けゼリーによる産み分け成功率を調べたところ、成功率には男女で差があることがわかりました。

ゼリーの種類によって違いはあるものの、男の子を希望し授かったという方は約85%、女の子を希望し授かったという方は約75%でした。

何もしなければ男女それぞれ50%の確率で産まれることを考えると、この数字から産み分けゼリーの効果はあったと言えるでしょう。

膣内の環境が理由

男女で産み分け成功率に差がある理由としては、膣内の環境が影響していると思われます。

膣内は、通常アルカリ性に保たれています。

このアルカリ性の状態で受精をすると男の子が産まれやすく、酸性よりの状態で受精をすると女の子が産まれやすいと言われています。

産み分けゼリーの大半がこの膣内の環境を整えることによって産み分けるというもの。

通常状態のアルカリ性を保つ男の子向けのゼリーの方が成功率が高くなっているということがわかるんですね。

おすすめ関連ページ
産み分けゼリーの失敗談や成功の確率について>>>

正直どうなの?海外製の産み分けゼリー大調査

『産み分けゼリー』には、実は海外製のものがあることをご存知ですか?

デリケートな問題に関わるものだからこそ知っておきたい、海外製の産み分けゼリーについておまとめいたしましたので、ご覧ください。

中国製やアメリカ製のものなどがある

少し前までは、産み分けゼリーは産み分けへの関心が高い海外製のものが主流でした。

特に、妊娠に関する研究が進んでいるアメリカ製や、コストが抑えられる中国製のものが使用されることが多くありました。

日本では、『子どもの性別を産み分けることはいけないことだ』という考えの方も少なくなくありません。

産み分けゼリーを使用せずに体調管理によって産み分けたり、エコー技術がない時代には満月の日に出産をするようにして男の子が産まれるように祈ったりなどをしていたようですね。

現在は国産が主流

『産み分け=悪』という考え方は、今はもうほとんどありません。

むしろ、産まれてくる赤ちゃんに愛情をたっぷりと注ぐためにも産み分けはよいことだととらえられることすらあります。

それらのような環境の変化や研究の推進などにより、現在では国産の産み分けゼリーが主流になっています。

品質管理や衛生管理を徹底している国産なら、安心して使用することができますね。

気になる方多数!海外製の産み分けゼリーの安全性とは

妊娠に関する研究が進んでいる海外で作られている産み分けゼリーもあります。

ですが、何よりも気になるのがその安全性ですよね。

そこで、海外製の産み分けゼリーを使っても問題はないのかどうか、安全性の観点からお調べしてまいりましたのでご覧ください。

衛生状況が開示されていない商品が多い

海外製の産み分けゼリーには、生産されている場所の衛生状況が開示されていない商品が多くあります。

日本製の産み分けゼリーの場合には、『クラス10000以下の衛生環境』や『医療製品と同等の衛生環境』などと具体的に書かれているものが大半。

ですが海外製の産み分けゼリーにはそれがないんです。

これでは、安全性が高いとも低いとも言えませんよね。ただ、『わからない』というのは少し不安があるということは言えるかと思います。

成分が表示されていないものも

海外製の産み分けゼリーには、配合されている成分が表示されていないものもあります。

日本製の産み分けゼリーには『配合されている全成分を記載』というものもあることから、この点でもやはり不安は残ります。

ただ、海外でも『産み分けゼリーはより自然に近く産み分けができて安全』だという認識のようなので、必要以上に不安感を持つ必要はないのかもしれません。

より高い安全性を求めるという方にとっては、海外製の産み分けゼリーを選ぶ際にはしっかりと商品を選ぶ必要がありますね。

産み分けゼリーを使うなら国産?海外製?

お子さんの性別を産み分けられるという産み分けゼリー。

この産み分けゼリーには、国産のものと海外製のものがあります。

使用する際にはどちらを選んだ方がよいのか、比較をしてみたいと思います。

製造過程での安全性では国産がおすすめ

産み分けゼリーを使用する際に気になるのが、その安全性です。

国産の産み分けゼリーには、具体的に数値や基準などを提示し、製造過程での安全性を公表しているものが多くあります。

一方海外製の産み分けゼリーには、製造過程での安全性に言及している製品も少なくありません。

体につかうデリケートなものですから、製造過程での安全性が確立されている国産の方がおすすめだと言えます。

成分でも国産がおすすめ

国産の産み分けゼリーの場合には、配合されている成分が記載されているものばかりです。

中には、配合されている成分を全て記載しているというゼリーもあります。

一方、海外製の産み分けゼリーの場合には、配合されている成分が記載されていないものもあります。

中には、成分が一切記載されていないというものもあり、何が配合されているのかわからないというゼリーもあります。

海外製の産み分けゼリーの場合には、安全・安心な成分が配合されているかどうかや、効果のある成分が配合されているかどうかなどが判断できないため、成分が確認できて安心して使用できる国産の方がおすすめですね。

おすすめ関連ページ
おすすめの国産産み分けゼリーについて>>>

手作りできる?できない?

赤ちゃんを授かりたいと思っている方に注目されている『産み分けゼリー』。

この産み分けゼリーが手作りできるという噂があるようです。

そこで、その噂とは一体何なのか、果たして本当なのかどうかについておまとめいたしました。

産み分けゼリーは手作りできない

噂が本当かどうかを調べてみたところ、『産み分けゼリーは手作りできない』ということがわかりました。

中には、ローションにクエン酸などを薄めて混ぜて使っているという方もいらっしゃいましたが、ごく少数の上に効果があったというものを見つけることはできませんでした。

手作り産み分けゼリーには危険が伴う

お金をかけずに産み分けたいという方にとっては気になる『手作り産み分けゼリー』なのですが、これを使うには様々な危険が伴います。

特に女の子をのぞんで酸性の産み分けゼリーを使うときに伴う危険として挙げられるのが、その安全性です。

膣内を酸性にするためにクエン酸などを自己流で混ぜて作ってしまうと、酸性が強くなりすぎて膣内がヒリヒリと刺激を受けてしまったり、傷ついて痛みが出たりすることがあります。

また、手作りのゼリーの場合には粘度が低く流れ出てしまうために、せっかく作っても効果が得られるまで膣内にとどまってくれないということもあります。

より安全に産み分けゼリーの効果を得るためにも、販売されている産み分けゼリーを使用するのがおすすめですよ。

産み分けゼリーは市販されている?調査まとめ

赤ちゃんの性別を産み分けることができるという産み分けゼリー。
この産み分けゼリーは、薬局などで手に入れることができるのでしょうか。

実際に調べてまいりましたのでご覧ください。

薬局では販売されていない

第一類医薬品なども取り扱っている薬局で産み分けゼリーの販売がされているかどうか確認したところ、現在取り扱いはないとのことでした。

処方箋取り扱いがある薬局を中心にいくつか問い合わせてみたのですが、どこも取り扱いはないそうです。

また、現時点では入荷の予定もないとのことでした。

ドラッグストアでも取り扱いなし

医薬品・サプリメント・日用品など、様々な商品を取り扱っているドラッグストアでも調べてみたのですが、こちらも産み分けゼリーの取り扱いはないとのことでした。

排卵日を知ることができる基礎体温計などは置いてあるものの、産み分けゼリーが置いてあるドラッグストアはありませんでした。

全国展開をしている大手ドラッグストアでも、残念ながら取り扱いはないそうで。

また、薬局同様、今後入荷する予定もないとのことでした。

産み分けゼリーの市販はされていない

サプリメントや妊活コーナーなどが充実している薬局・ドラッグストアでの販売がされていなかったことから調べてみると、現在市販されている産み分けゼリーはありませんでした。

高い品質を維持し、しっかりとサポートができるように、メーカーから直接販売されてる産み分けゼリーがほとんどのようですね。

買い物ついでに手軽に購入できないというのは少し残念な気もしますが、より高い品質のものが使えるというのは嬉しいポイントでもありますね。

安心の国産産み分けゼリーベイビーサポート公式サイト>>

※外部サイトに移動します。

意外と知らない!病院で産み分けゼリーはもらえる?もらえない?

『男の子が欲しい』『女の子が欲しい』などの希望が叶えられるという産み分けゼリー。この産み分けゼリーは、病院でもらうことはできるのでしょうか。

人には聞きにくいこの疑問にお答えしたいと思います。

病院で手に入れることはできる

産み分けゼリーは、病院で手に入れることができます。

産婦人科の中でも『産み分けをおこなっている』という産婦人科の病院では、診察をしてもらった後に産み分けゼリーを購入することができるんです。

調べてみたところ、女の子をのぞむ方にはピンクゼリーを、男の子をのぞむ方にはグリーンゼリーを渡している病院が多いようですね。

使用方法や注意事項についても、医師から説明を受けることができます。

夫婦で産み分けの指導をしてくれる病院も

産み分けをおこなっている病院では、診察の際に旦那さんと一緒に訪れて夫婦で産み分け指導を受けられるという病院もあります。

産み分けゼリーは夫婦で使うものであり、夫婦で赤ちゃんを授かるものですので、奥さんだけではなく旦那さんも一緒に指導を受けることでよりその効果を得やすくなるんです。

病院で購入することで、万が一のときにもすぐに診察をしてもらえるというのも、安心感と言う点で嬉しいですよね。

楽天で購入するならぜひ読んでいただきたい!産み分けゼリーの販売情報

大手ネット通販サイトである楽天市場。この楽天市場でも、産み分けゼリーを購入することができます。

赤ちゃんがほしいと思っている方にはぜひ読んでいただきたい、楽天の産み分けゼリーの販売情報をおまとめいたしましたのでご覧ください。

女の子向けは2種類販売されている

現在楽天市場では、女の子をのぞむ方向けの産み分けゼリーは『ピンクゼリー』と『ハローベビーガール』の2種類が販売されています。

ピンクゼリーは1店舗のみが販売しており、価格は15444円(税込・送料無料)です。

ハローベビーガールは3店舗が販売しており、価格は一番安い店舗で4本セット6000円(税込・送料無料)・7本セット15000円(税込・送料無料)です。

ピンクゼリーとハローベビーガールのどちらもポイント2倍になる店舗があります。

男の子向けも2種類販売されている

楽天市場では、男の子をのぞむ方向けに『グリーンゼリー』と『ハローベビーボーイ』の2種類の産み分けゼリーが販売されています。

グリーンゼリーは1店舗のみが販売しており、価格は15660円(税込・送料無料)です。

ハローベビーボーイは2店舗が販売しており、価格は安い店舗で15000円(税込・送料無料)です。

こちらも、女の子向けのゼリーと同じようにポイントが2倍になる店舗があります。

安心かつ、お得に購入できるのは公式サイトだった!?

産み分けゼリーを通販で購入したいと考えている方は少なくありません。

そういった方にとって、一体どこで購入するのが最も安心できるのか?そして、できるならお得に購入できれば・・・というのが本音ではないでしょうか。

そこで、産み分けゼリーを安心かつ、お得に購入できるサイトについてお調べしてまいりましたので、ご覧ください。

サポート体制が充実している公式サイトがおすすめ

産み分けゼリーを購入する際に公式サイトがおすすめなのは、『サポート体制の充実』という理由があります。

心配な点や質問などに対応してもらえるフリーダイヤルや、まとめ買いをした場合に残りを買い取ってもらえる返金制度など、私たち消費者目線に立ったサービスがあるのは安心ですよね。

公式サイトでの購入だからこそ利用できるサポート体制が整っているんです。

信頼できる販売店で購入したいという方にとって、公式サイトはおすすめですよ。

さらに、他のネット通販サイトよりもお得に買える

産み分けゼリーはそもそもネット通販サイトなどではほとんど販売されておらず、あっても単品のみの販売で単価自体も公式サイトより高めに設定されています。

公式サイトでの購入ならば、そんなネット通販サイトよりも数千円ほどお得に購入することができるゼリーもあります。

また、セット買いやまとめ買いで割引サービスが付いているゼリーなら、さらにお得に購入することも可能です。

 

公式サイトで割引サービス付ベイビーサポート>>>
※外部サイトに移動します。