どうしても女の子が欲しい!そんな方はカップルで産み分けにチャレンジしてはいかがでしょう。
医学的根拠のない迷信的な産み分け法も多くある中で、一番確率の高い産み分け法があります。
それは、女性の膣内のphコントロールをするというものです。

 

ph値とは酸性かアルカリ性かの数値を表す値ですが、基本的に女性の膣内というのは普段は弱酸性になっています。
膣内を雑菌から守るために弱酸性を常に保っているというわけです。

 

そもそも性別というのは、実は精子の段階ですでに決まっています。女の子の精子はX精子といって、酸性に強いという特徴を持っています(因みに男の子はY精子)。
ですから、女性の膣内が酸性に傾いているときにセックスするようにすれば、女の子を授かる確率が高くなるというわけなんです。

ただ、女性の膣内は普段は弱酸性ですが、排卵日だけ少しアルカリ性になる傾向があります。
女の子にしろ男の子にしろ、赤ちゃん自体を授かるためには、まず精子が卵子に到達しなければなりませんから、排卵日あたりにセックスする必要があるのは当然ですよね。
精子が卵子に到達して受精卵になるとき、その精子がX精子であるためには、膣内のphコントロールが必要になってくるというわけです。

それぞれの精子の特徴を活かしたのが、phコントロールによる産み分け法です

では、女の子を産み分けるためのphコントロールとは、具体的にどんなことをすればいいのでしょう。
それには、酸性に強い性質を持つ、女の子精子のX精子が活動しやすい膣環境を作ることが大切です。

X精子の特徴は、男の子のY精子に比べて数が少なく、動きが遅いというものがあります。
数が少なく泳ぐスピードも遅い、となれば必然的にY精子に負けてしまう確率も上がるもの。

 

ただ、X精子には寿命が長いという利点もあります。
逆にY精子は、数も多く動きも早いですが、寿命が短いのが特徴です。

 

そこで酸性に弱い性質を持つY精子を排除して、X精子が生き抜くためにも、膣内を酸性に保つようphコントロールをする必要があるのです。
膣内を酸性にするためにできること、昔から言われている方法では、膣をお酢で洗浄するだとか、酸性食品を食べるようにするとかいろいろ聞きますが、本当か疑ってしまうような情報もありますよね。
産婦人科などでの産み分け指導でも取り扱いがあるピンクゼリーも、女の子の産み分けには有効だと言われていますし、男性側で出来ることもどうやらいくつかありそうです。

どうしても女の子が欲しいというカップルのために、覚えておきたいお役立ち情報をこれからご紹介したいと思います。

次のページ
食事で女の子の産み分けは可能?>>>