女の子を産み分けるためのアイテムとして有名な、ピンクゼリーをご存知でしょうか。
産婦人科でも産み分け指導の際使われる医学的根拠に基づいたかなり確率の高い産み分け法と言えます。

このピンクゼリーというのは、女の子の産み分けをしたいカップルがセックスの前に女性の膣内に入れて使う潤滑液です。
ピンクゼリーの目的は、意図的に膣内のphを調整することにあります。
妊娠するためにはもちろん、排卵日付近にセックスする必要がありますが、女性の膣内は排卵のときアルカリ性に傾くという性質があります。

 

そこで膣内にピンクゼリーを入れることで、セックス前の膣内phを弱酸性にすることができるため、酸性に強い女の子精子であるX精子に有利な環境を意図的に作り出せるというわけなんです。
産婦人科やインターネット上でも購入することができ、手軽にできる方法でもあるので、女の子が欲しいカップルには人気が高い産み分け法ですね。

 

ピンクゼリーを使った場合の産み分け成功確率は、80%を超えると言われています。
お酢やレモン汁などを使うよりずっと安全で、ゼリー状なので膣内に留まるため使いやすいですよね。
しっかりと産み分け用の目的で作られたピンクゼリーを使うのは、女の子が欲しい方にはまず試したい方法と言えそうですね。

おすすめ関連サイト
国産で安心品質のピンクゼリー「ハローベビーガール」>>>

女の子の産み分けで注意したいこと 【まとめ】

女の子を産み分けしたい場合、少しでも確率を上げるために注意したいことをまとめてみましょう。基本的には、女の子精子であるX精子の特徴を活かした方法が有効です。

X精子の特徴

  • 酸性に強い
  • Y精子に比べて数が少ない
  • 運動能力が低い
  • 寿命が長い

これらの特徴をふまえたうえで注意したいことは、排卵日の2日前くらいにセックスするようにすることです。
排卵日2日前くらいの膣内はまだ弱酸性を保っています。
そのときにセックスすることで、酸性に強く寿命の長いX精子はY精子に比べて、排卵時に生き残っている確率が高くなります。

 

排卵日の膣内は少しアルカリ性に傾きますから、アルカリ性に強いY精子に有利な状況です。
しかも運動能力が高く数も多いY精子にとって、排卵日というのは完全に卵子まで到達できる可能性の高い日ということになりますね。

 

女の子の産み分けをしたい場合も、まずは排卵日をしっかり特定することが何より重要になってきます。
基礎体温をきちんと付けて、ご自分の正確な排卵日を知ることから始めましょう。
排卵日チェッカーなど市販で購入できるものを利用するのもいいと思います。

 

それでも排卵日の特定に自信のない方は、やはりピンクゼリーなどを併用するのがいい方法だと思います。
その時は、副作用などの心配のない成分表示のしっかりとした国産のゼリーを選ぶようにしてくださいね。

おすすめ関連サイト
国産で安心品質のピンクゼリー「ハローベビーガール」>>>