ピンクゼリー、もっと手軽に購入できたらいいのにと思っている方も多いと思われます。

残念ながら今は市販されているピンクゼリーはありません。
妊娠・出産というのは、本来自然に任せるべきで、産み分けという人工的なものを加えるべきではないという倫理的な問題が出て来ています。
なので、産み分けが興味深い分野でありながら、あまり積極的に開発されていないのでしょう。

今のところ、ピンクゼリーを販売しているのは、ネット通販専用の販売会社数社と、杉山産婦人科の産み分けネットで購入できる「ピンクゼリー」ぐらいです。
ともに国産の産み分けゼリーで信頼度の高い販売元なので、安全の面では安心していいでしょう。

国産産み分けゼリー販売実績35万本
ベイビーサポート公式サイト>>>

 

そもそもピンクゼリーというのは、女の子の受精確率を高めるためのものです。
受精確率を上げるためには、膣内を酸性に保つためにピンクゼリーを使用します。

それならば、酸性のもので膣内を洗浄すればピンクゼリーと同じ効果が得られるのではないか?
と酢水やライムで洗浄している方もいるようです。
今はゼリーを使った産み分けが主流になりつつありますが、昔からある方法です。
理科の授業で習った方もいると思います。

→pH値、酸性かアルカリ性か見分ける数値(低いと酸性、高いとアルカリ性)

このpH値の低い、膣内を洗浄する目的のジェルなどを使って、ピンクゼリーの代替品として使っている方もいるようです。

 

おすすめ関連ページ
安心・安全な女の子産み分けゼリー、「ピンクゼリー」と「ハローベビーガール」>>>

うそ?本当?自宅で作れるピンクゼリー

ピンクゼリーが自宅で作れるという噂があるようですが、残念ながら、ピンクゼリーそのものを作るのは無理なようです。
杉山産婦人科の「ピンクゼリー」は製造元が中国で成分は非公開です。

ベイビーサポート」は内容成分を公開していますが、家庭で気軽に取り揃えられるものではありません。

 

産み分けゼリーが販売される前から、ピンクゼリーの代わりになるものとして、酢水を使った産み分け方法があります。
自宅にあるもので出来る、昔から試されていた方法です。

酢水の作り方は、酢と水を混ぜるだけで簡単に作れます。
配分量は、水180㏄に酢を小さじ一杯です。
出来上がったものを、性交する15分前に膣に入れて、洗浄をします。
注意していただく点として、酢は化学調味料などをあまり含まれていない無添加のものを使用することです。
それと、規定量は守ってください。
酢を入れすぎて酸性が強すぎると、膣内が炎症をおこす可能性があります。

酢水洗浄のメリットとしては、価格が安く、いつでも作れる手軽さでしょう。
デメリットは、やはり酢の匂いがすることでしょう。
また、とろみがなくさらさらなので、流れ出やすいというところでしょうか。

あまりお金をかけずに産み分けされたい方は、試してみるのもいいかもしれません。
ただし、試される場合はあくまでも自己責任になりますので、気軽に試すのではなくよく検討するようにしましょう。

 

おすすめ関連ページ
ベイビーサポートはこれまでの産み分けゼリーと何が違う?>>>