国内で売られている安全な女の子の産み分けゼリー、「ピンクゼリー」と「ハローベビーガール」2つを紹介します。


ピンクゼリー
産み分けで有名な杉山産婦人科が開いている産み分けネットで購入できます。

  • 価格 1つ10,800円(税込)+5,000円(税込)←会員登録料 ※会員にならないと商品の購入はできません。
  • 内容量 約4回分
  • 使用方法 性交の前に、固まっているゼリーを湯せんで溶かし、付属品の注射器で3~4㏄吸い上げ、膣内に注入する。

※注射器は毎回使うごとに洗浄してください。
ピンクゼリーの詳細>>>
※外部サイトに移動します。

 

ハローベビーガール

大阪のあるシンゲンメディカルという製薬会社で作られ、同じく大阪にあるネオサイエンスという会社がネットで販売しています。

  • 価格 10,000円+(税)
  • 内容量 7回分(1.6?×7)
  • 使用方法 性交の前に、容器の先端についているキャップをはずし、膣内に5~8㎝入れてからピストンを押してゼリーを注入します。

※使い切りタイプなので、使い終わった容器は捨ててください。
ハローベビーガールの詳細>>>
※外部サイトに移動します。

 

ピンクゼリーと検索すると、ほぼこの2つのことを書いている記事しかしか出てきません。
「ハローベビーガール」は、メイドインジャパンの安心性と簡単に使用できる使い切りタイプが支持されているようです。
「ピンクゼリー」も日本製で、産み分けの全国グループの中心、杉山産婦人科が販売しています。
どちらも高い安全性を誇っていますので、どちらを選ぶかは、詳細を見て決められてみるのも良いですね。